Hatena::Groupdpmintkeyword

シェルの非オブジェクト指向的な部分

シェルの非オブジェクト指向的な部分

GUIシェルはオブジェクト指向的。

ファイルを開くと関連付けられたアプリケーションが起動する。


シェルからのアプリケーション起動は、

> 空のファイル(いろいろな拡張子)を作る→開く

…がオブジェクト指向的。

でも、

アプリを起動(何をしたいかを指示するのと同義)→検索キーワード入力アプリに合わせたデータ入力

…というやり方のほうがおそらく一般的。

これをオブジェクト指向的にするなら?




アプリケーションを起動しないとオブジェクトが作れない。

でも大抵のオブジェクトはテキストで表現できるデータでできている。

つまり、各種データ形式のスーパークラスがあるということ。

まずスーパークラスに属するオブジェクトを作って、あとで変換するということができそう。


以上をヒントにすると…

  1. データ用意
    どのアプリで行ってもいい。
  2. データを任意のアプリへ移す。

…という手順を思いつく。




これを「任意のアプリ」起動中にできれば効果がありそう。

ただ起動時間はそんなに長いわけではないし、入力に邪魔が入ると台無しなので

…というようなことができないと。


そのほか、アプリを起動せずにデータ入力、そのデータに…


そんな感じなのが良いんじゃないのかな。