Hatena::Groupdpmintkeyword

Androidでノートアプリ

Androidでノートアプリ


スワイプだけでフォルダー内の全ファイルを閲覧。すべてのファイルが横に並んでいる。参考:m>notes?のように。




縦にファイルをつなげる。これはファイルのグループ化。これも参考:m>notes?。親となるファイルに独自記法が書かれていればつながる。親子管理用のデータは持たない。(Dropboxなどで他端末にコピー、デスクトップアプリで開いた時に有効になるように相対パスでファイル指定)UI上は記法ではなくファイル選択(親を開いて子を選択・子を開いて親を選択。選択肢にはファイル名によるフィルタリングをしたい。できればファイル内容の全文検索でも。UIは統合できるはず)親を子にすれば子が孫になるように。見た目はリスト、でもデータ構造はツリー




設定項目はホームフォルダー。その外にも出られる。制限はしない。戻れることが大事。




自動命名・自動保存ファイル名がどうしても付けられないなら適当なファイル名で適当なところに残す。開きやすければいい。




ファイルを開いた履歴/編集した履歴。編集履歴は「保存しなかった履歴」を含む。保存しなかったドキュメントはアプリ独自のデータとして保存してある。見せ方はタイムライン。スワイプで日付選択。縦方向には時系列順にファイル名を並べる。リスト。グリッド?タイムラインには時間の長さを反映。短期間に多くのファイルを編集したら間隔は狭くなる。どんなにツールを豪華にしてもユーザーの頭脳支援にしかならない(頭脳に働きかけないと機能しない)ので記憶を呼び起こしやすいように。間隔の開き具合が分かるなら時間の尺(スケール)は適当でいい。




アンドゥ。「キーロガーと併用して」で済ませるのもあり。




起動時ビュー(最小化から復帰した時除く)は設定可能。ビュー別にホームアイコンを作成することも可能に。参考:Jota+?のように起動時履歴表示することも。




モーダルダイアログ排除。またはダイアログ外タップで閉じられるように。




アプリカーソルキー不要。大きく表示するビューを用意。ダブルタップや長押しで切り替え。文字を打つときには戻るように。でもこれはAndroidに任せるべき。

カーソル位置が分かりにくい上に意しない位置へ行くのでアンダーライン必須。でもアンダーラインよりも背景を行ごと変更したほうが分かりやすい。背景に横罫画像も使える。




検索キーワードハイライトを統合。検索キーワード検索のたびに追加。検索キーワードの目次生成。置き換えでも追加。置き換えた箇所が強調表示になる。自動的に追加されるハイライトのはモノトーン。追加されるたびに古い強調表示は弱くなる。操作で別のに変更できればいい。強調箇所は独自形式データにするしかない。どうせ他のアプリでは再生できないのでこのアプリ専用データ




ファイル名(拡張子不要)?リンク。最初の「.」以降不要。あってもいい。それで重複が発生したらタップ時にリスト表示。選ばせる。




自動リンク。同一フォルダー内のファイルファイルのあるフォルダーからの相対パス、ホームフォルダーからの相対パス、絶対パスに。




http:// にもリンク




ファイルを集めて一冊の本に。リンクを応用、見出し(正規表現で定義)へのリンク自動生成して1つのファイルに書き出し。1フォルダー内のファイルだけでいい。そのファイルの冒頭には「本」ファイル用の見出しを入れる。その見出しだけの本を作れば本の本、同じプログラムで本の本の本の本も生成可能。設定項目が増えそうなので不要。




自動インデント自動リスト生成。

1.  のあとで改行すると 2. が生成されるような。




タブストップ調整。タブ文字1つで表組み。LTSVが崩れのない表になるような。




スクロールハンドル。

スクロールバーには目次を表示したい。ドラッグ中に半透明で画面の右側だけを使って表示するとか。


RIGHT::t/Android

----